あらゆるシーンに合わせ楽しめる辛口酒

奥羽自慢 純米大吟醸50 出羽燦々

karakuti_1

奥羽自慢 純米大吟醸50 出羽燦々

奥羽自慢㈱の看板商品の一つでもある『奥羽自慢 純米大吟醸50 出羽燦々』は商品名でも分かるように、山形県産酒造好適米『出羽燦々』を50%まで精白し醸し出されたお酒です。蔵の特徴として、料理と共に飲み続けられる酒を醸す事を考えながら酒造りを行っている。その条件の一つが吟醸香と言われる香味、全国で多くの蔵元が競い合う香味の高さをあえて出ないような酒を造りたいと杜氏は言う、果物のような華やかな香りは飲んだ時の第一印象は良いが、食べ物の味わいを邪魔するのではないかと考えているそうです。吟醸香果物の香りを連想させる為に酒自体の味わいも甘くイメージさせる。あえて香りを消す事で、蔵の特徴でもある綺麗な酒質で酒自体の存在感よりも水のように自然に飲める、スッキリとしたお酒に仕上がっている。その為、冷、常温、お燗と幅広い楽しみ方で飲める。

全国燗酒コンテスト2016で最高金賞受賞

酒文化研究所で主催し8回目となる燗酒コンテストで最高金賞を受賞した『奥羽自慢 純米大吟醸50 出羽燦々』出羽燦々を精米歩合50%まで高精白し、低温で醗酵させた味わいは、サラリとし、酸味と米本来の甘味がバランスがよくお燗にした時の絶妙な味わいが評価された。冷、常温だけでなくお燗でも楽しんで頂きたいお酒です。

上喜元 超辛 完全発酵 純米吟醸

karakuti_2

上喜元 完全発酵 純米吟醸

代表銘柄『上喜元』を醸し出す『酒田酒造』は、約30種の酒米を使い分け、個性あふれるお酒を造り日本酒ファンを魅了し続けている。酒米も、それそれ個性があり、安定したお酒を出し続けるには、かなりの技術を要する為チャレンジする蔵も少ないのも納得できます。全国でもトップラベルだからこそできる発酵技術を駆使して作り上げた『上喜元 完全発酵 純米吟醸』ほんのりと果実の香りを感じさせながらも、米のうま味を残しながら綺麗に醗酵させバランスよくスッキリと仕上げています。お酒単体で楽しめ、料理との相性も考えられたお酒です。

杉勇 特別純米 +10原酒

karakuti_3

杉勇 特別純米 辛口+10原酒

代表銘柄『杉勇』を醸す『杉勇蕨岡酒造場』は鳥海山の麓に位置し、鳥海山系の伏流水を使用して醸している、雪深い地域の為、冬季間も極寒の中での仕込みとなります。『杉勇 特別純米+10原酒』は食事との相性も考え、穏やかな吟醸香で芳醇、旬のお刺身や味の濃い目の和食にもよく合います。