〆の手打ちうどん

餃子皮作りからの〆のうどん作り

先日、手作り餃子完全版をおつまみレシピコーナーでアップしましたが
余った餃子の皮の生地で『うどん』を作ってみました。
餃子の生地作りは→『手作り餃子完全版
約一日熟成させた生地をクッキングシートを大き目にしき
上下左右に、スリコギ棒で伸ばします。
打粉は、強力粉を使いますが、私の場合は小麦粉を使ったりもします。
あまり拘りはないので、気にされる方はネットで色々と検索して見て下さい。
伸ばし具合も、好みなのでお試しください。私は結構薄くします。
茹でるあがるのに時間がかかるからですが!

IMG_3651

伸ばした生地に、打粉を大目にふります。
餃子皮の作り方でも書きましたが、少ないと生地と生地がくっつき
やり直すことになります。

IMG_3652

三つ折りにして切ります。
大きくて切れない場合は、色々と試してください。

IMG_3653

好みの太さに切り出来上がり!!

IMG_3656

お好みの固さに茹で出来上がり

手作り餃子を作りながら、残った生地で『手打ちうどん』まで美味しく食べれます。
飲んだ後の〆に最高ですね!

手作り出汁と醤油、九重味醂で手作り麺つゆを作って美味しく頂きました。

※素人の料理ですので、味の保証は致しませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

シンプル朝ごはん

次の記事

うめかわ通信vol 21