上喜元 酒田酒造㈱

 

『上喜元』は昭和21年(1946年)に『男山』『養老』『藤屋』『千里井(ちさとい)』『玉の川』と言ったお酒を醸していた5つの酒蔵が1つになって発足した酒蔵です。その5つの酒蔵の中で主体となったのが橋本酒造。現在の母屋になっています。

◆上喜元の実績

1点目について、『上喜元』は現在は最高の権威ある『全国新酒鑑評会』(国税局主催)で5年連続金賞受賞という偉業を達成しています。日本には現在2千ほどの酒蔵があるとされていますが、最近20年をみると15回金賞を受賞した酒蔵は全国で1箇所、(上喜元)それほど大変なことであり当然非常にレベルの高いお酒を安定して造りだせる確かな技術の証明であるのです。

◆上喜元のこだわり

上喜元は、伝統的な『生もと造り』、この『生もと』と言うのは伝統的な酒造りの技法の一つ。『もと』は『酒母』とも言うように酒造りの母体となるものです。良いお酒を醸す為には『生もと』を造る際に、余計な雑菌を排除する必要があります。現在は人工的に造り出した乳酸を添加して雑菌を駆逐する方法が主流ですが、これに対して、自然の乳酸菌等を育成し、それが生み出す天然の乳酸で雑菌を退治していくのが『生もと』と呼ばれる伝統の技です。現代的な方法に比べ、倍の時間と数倍の労力が必要と言われるが『生もと』で仕込まれたお酒は奥が深く厚みがあり、それでいて爽やかな独特の風味があり人気があります。

数十種類の米を使う米マニア

酒田酒造㈱上喜元は、酒田市の海沿いに位置した蔵で全国新酒鑑評会でも金賞受賞歴もトップクラスと実力、名実共に高い評価をえる酒蔵です。
酒造りの特徴としては、鳥海山系の伏流水を使用し、全国から集めた数多い酒米を自在に使い分け銘酒を生み出す、全国でも数少ない多種米を使用して酒造りを行っています。お米は、毎年天候にも左右され米質も異なります。その他にも米ごとに特徴が分かれ、初めて使う米は、経験と勘と技術が無ければ失敗のリスクも伴います。そこをあえてチャレンジして行く事により、他社との差別化や技術向上につながり、年々酒質を向上させて全国の日本酒ファンの心をつかみ続けていると思います。

◆上喜元 酒田酒造 商品一覧

上喜元 仕込第五三号 純米吟醸 無濾過生原酒
720ml:1,300円(税込:1,430円)
1800ml:2,600円(税込:2,860円)

上喜元 純米吟醸 八反 生原酒
720ml:1,575円(税込:1,733円)
1800ml:3,150円(税込:3,465円)

上喜元 純米吟醸 ミルネージュ 生酒
720ml:1,700円(税込:1,870円)
1800ml:3,160円(税込:3,476円)

 

上喜元 純米 出羽燦々
1800ml:2,100円(税込:2,310円)

上喜元 純米吟醸 超辛口 完全発酵
720ml:1,400円(税込:1,540円)
1800ml:2,800円(税込:3,080円)

上喜元 翁 おきな
720ml:930円(税込:1,024円)
1800ml:2,000円(税込:2,200円)

上喜元 特別純米 仕込み第一号 生酒
720ml:1,250円(税込:1,375円)
1800ml:2,500円(税込:2,750円)
売り切れ

上喜元 純米 出羽燦々 生酒
1800ml:2,100円(税込:2,310円)
売り切れ

上喜元 純米大吟醸  雪女神
720ml:2,250円(税込:2,475円)
1800ml:4,500円(税込:4,750円)

上喜元 純米大吟醸 愛山50
720ml:2,000円(税込:2,200円)
1800ml:4,000円(税込:4,400円)
売り切れ

上喜元 純米 出羽の里
1800ml:2,100円(税込:2,310円)

上喜元 特別純米 活性にごり生
720ml:1,250円(税込:1,375円)
1800ml:2,500円(税込:2,750円)
売り切れ

上喜元 純米吟醸 玉栄
1800ml:3,000円(税込:3,300円)
売り切れ